2021年01月18日

神保町の名店「トロワバグ」であんこバターサンドを。




喫茶店「トロワバグ」に行ってきました。

緊急事態宣言中ですが、
用事で神保町まで出かけたもので、せっかくならば。

数ある神保町の純喫茶店のなかでも
長い歴史を誇る喫茶店。
一杯ずつを丁寧にネルドリップで淹れ
多すぎない量を本当に美しい器で出してくれます。

ふだん、わたしは喫茶店やカフェというと
じっくり本を読んだり、仕事をしたりするために行くことが多く、
多めの量をだらだらと時間をかけて飲むのですが
トロワバグでは、きちんと味わって大切に飲みたい。
コーヒーを楽しむ、ではなく、コーヒーを嗜む店だと思っています。


5FBBF902-583E-4426-9A01-E521D42FDED0.jpg

76C6E064-A3B3-459C-80C9-E5D30ACB7E08.jpg


夫の絵を飾ってくれているお店でもあるのですが、
実はひとりでゆっくり行ったのは初めてでした。



普段はケーキを頼むことが多いのですが、
今日は初めてパンものを。

4EE25FB5-790E-4789-8EBB-C6C41F26CDB3.jpg

あんこバターサンド。
「たいやき神田達磨」のたっぷりあんこと、しっかり塩味のバター。
甘いとしょっぱいのコンビネーションで
一口ごとに美味しく楽しめます。

マカロニやブロッコリー、じゃがいもが入った、
酸味のきいたミニサラダつきに驚きましたが、
甘味に酸味がリズムよく、ぺろりと平らげてしまいました。



とにかくいつも、器が素敵なのですが、

18B0DAF6-988C-4B14-85AB-1C31FEC338D4.jpg

「しょうこちゃんのイメージで選んだ」

と出してくださった今日のコーヒーカップが、
まさにわたしの大好きな色と柄で感激。
リチャード・ジノリのもの。
もう廃盤になっているアンティークのようです。

今日は写真を撮りそびれてしまったのですが、
カウンターの後ろには、稀少なコーヒーカップがたくさん並び
それを眺めるだけでも楽しいのです。



8928CCE2-A101-44AA-B7EB-864DB532C6B7.jpg

お店に置いていただいている、夫の作品にも挨拶してきましたよ。
https://mariomandala.com


緊急事態宣言中だからこそ、好きなお店には頑張って欲しい。
ほんとはもっとマメに行けるとよいのですが。

せめて行けない間に家でも楽しめるよう、
今日はコーヒー豆を買ってきました。


352ABF41-9759-4D7E-B8EB-6D8DDF04D8EE.jpg



コーヒー豆はオンラインショップでも買えます。

https://troisbagues.com/store/

わたしは、酸味が少なく苦味の強いコーヒーが好きなので
ハイブレンドがイチオシです。




お店の有名な名物は、実はグラタンサンド。

こちらの記事で、グラタンサンドや店内もよくわかるので
ぜひ見てみてくださいね。

https://www.kamometomachi.com/troisbagues


お近くにお越しの方は、ぜひぜひ行ってみてください。
テイクアウトもできます。




posted by しょうこ at 00:00| Comment(0) | __|- ご褒美スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月17日

「saita」連載第8回 「「万一の備え」について26年前の1月17日を経験したわたしが今思うこと」



「saita」コラム、更新されました。

今日は阪神・淡路大震災から26年。

もしものとき、家が倒壊しない限りは
自宅でしのぐのが原則です。
ライフラインが途絶えるなか
自宅で食べてサバイブしていく備え、
できていますか? 


https://saita-puls.com/19370

「万一の備え」について26年前の1月17日を経験したわたしが今思うこと


26年前の阪神淡路大震災で被災しました。

が、4日後には神戸を出てしまったため、
残った人に対してずっと罪悪感を持ち続けているし、
震災を生き抜いた実感を持てずにきたので、
あまり震災の話はしないできました。

でももう26年。
あの地震を一個人がどう過ごしたかを伝えることは、
少しは何かの役に立つかもしれないと初めて書いてみました。

阪神淡路大震災の後、
復旧にいちばん時間がかかったのはガスでした。




posted by しょうこ at 00:00| Comment(0) | __|- saita コラム連載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月16日

冷凍庫掃除をしました〜冷凍庫に味噌を保存したい!



今朝、新聞を読んでいたら

「寒い冬こそ、冷蔵庫掃除には最適」

とのお掃除コラムニスト、藤原千秋さんのコラムがありました。
掃除の間、食材を外に出していても傷みにくいからだそうです。

なるほど、その発想はなかった!

そういえば、年末に冷蔵庫の掃除はしてなかったし、
せっかく記事が目についたので、とりあえず冷凍庫だけやるか。



今日は気持ち気温が高めですが、幸い
今週は珍しくパルシステムの発泡スチロールケースがあります。

96FAA665-124C-480A-BC56-52C8E5FC6D63.jpg

冷凍庫にパンパンに詰まった食材を出し、
掃除&整理を。



もう冷凍庫くさくて食べられないのはわかってるのに
どうしても捨てられなかった
チェコから持ち帰ったチーズ(なんと5年越し!)も
ようやく思い切って処分。


ほんの少しだけ、すっきりしました。

987934E4-69ED-45D1-9080-E2AA4CA4FCF1.jpg

相変わらず、ものはパンパンに入っていますが……。


「どうしてそんなにいっぱいなんですか?」

と聞かれることもありますが、
わたしからすると、なぜ冷凍庫に余裕のある人がいるのか、
信じられない気持ちです。

だって、冷凍するべきもの、冷凍したほうがいいものって
たくさんありすぎませんか?!





わたしが考える、冷凍しておきたい食材を挙げてみますと。


【季節のもの】

  ・・・季節外にも楽しみたいから、季節の味をそのまま保存します。


ゆずの皮

463A200B-CB2A-4624-8315-936F716FAFD2.jpg


ふきのとうオイル漬け

A94BFC51-D381-4F35-999E-F3C5D1CF16A6.jpg
 → 昨年のふきのとうでパスタを作りました


青唐辛子

BD487C5E-80D0-49F1-A13B-EF64E52FA6B8.jpg
 → 韓国の青唐辛子が育ってきた


バジルソース
 
9FA62EDA-CF3F-412B-A4A1-2E44D1DDD8F3.jpg
→ 今年のバジルソース第一弾


生ブルーベリー


実山椒





【香りのもの】

   ・・・使いたいときに、あると嬉しい。

パクチーの根

セロリの葉


CFD1769C-89CD-4880-925E-6DB855DBB357.jpg



【できれば冷凍したいもの】

   ・・・冷凍必須ではないけれど、より美味しさを維持するために。


粉唐辛子

コーヒー豆

緑茶

いりこ

かつおぶし

パン




本当はここがいちばん重要

   ↓    ↓



【冷凍すべきだし、冷凍したいもの】

自家製味噌

903094A9-0C10-40CD-AD89-3CC8A235C435.jpg

  ・・・自宅で作った味噌は発酵が進みやすいので、
     冷凍すればその発酵をいい状態で止めておくことができます。
     長く美味しく食べるためには、冷蔵よりも冷凍がいちばん。

     味噌は冷凍できるんです!




今回こそは、手前味噌を入れるスペースを作りたかったのですが
やっぱりムリでした……。

家の中に置き場所さえあれば、冷凍専用庫を買うのが夢です。
いまのところ、永遠の夢のままの夢ですけれど。


posted by しょうこ at 00:00| Comment(0) | __|- 食のはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月14日

トンカツより美味しい! ポークソテーかりかりパン粉のせ。



昨日のチェコのクレープから、パン粉つながりで。


少し前にTwitterで人気だったレシピ。
こちらにも残しておきます。


ポークソテーかりかりパン粉のせ。

わたしはトンカツより好き。
かりかりパン粉としっとり豚肉、
しゃきしゃきれんこんのリズムが楽しいのです。
もちろん、作るのもトンカツよりもずっとラクです。


塩したトンカツ用肉とれんこんを焼き
フライパンに残った脂に少しオリーブ油を足し、パン粉を炒めます。

豚肉を切り、炒めたパン粉と黒胡椒をかけてできあがり。
レモンも添えて。


2E2C24D0-810A-48AF-8009-D8C4B6C058DA.jpg


かりかりパン粉にもしっかり塩味つけるのがポイント。

「これだけでうまい!」

と中2息子はパンに挟んで食べてました。
炭水化物on炭水化物。
ごはんにのせても、絶対に美味しい。

できれば、パン粉は細かい方がさらに美味しいです。


81018E9B-76FA-41E2-BA1D-E4C3174DEE36.jpg


れんこんに絡めても美味しいし、
きのこのソテーなどを添えてかりかりを絡めても、
やっぱり美味しいです。
ずっと美味しいしか言ってませんが、ほんとに美味しいのです。



ちなみに。

トンカツ用肉を焼くときには、トングや箸で立てて、
ぜひ脂身から焼いてみて(脂身にがっつり切り目入れてます)。

815AAA93-7DF9-4D07-B410-8ADC31FACE99.jpg


いい香りがするまでしっかり焼き色をつけると、
ブニャッと柔らかくなりがちな脂身が、甘く香ばしく。

ソテーがあっと驚くほどグレードアップします。


香ばしくて美味しいポークソテーの作り方、
こちらのサイトにも載ってます。

57CD14B9-A800-4A41-8AA0-EB32CAA752B7.jpg



このかりかりパン粉、

「チキンソテーにかけても美味しかった!」

と報告が来ています。

魚にも合います。

バターで炒めて、昨日のクレープのようにしても。

パン粉って残りがちですが、
もしおうちに残っているパン粉があったら、かりかりパン粉、
ぜひお試しを!






posted by しょうこ at 00:00| Comment(0) | __|- 時短ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月11日

プラハは漫画『モンスター』まんまの街だった〜チェコ風のクレープとは?



久しぶりにチェコ風クレープを作ってみました。

2013年に子どもたちを連れて3週間チェコに滞在したとき、
知人から習ったもの。

バターでカリカリに焼いたパン粉
ヨーグルト
ベリーソース
砂糖をかけるのがチェコ風なんだそうです。


64BD7038-5FF3-49BE-A9D8-AD06D7FD75F7.jpg


思い出の味だからか、うちの子たちは大好き。

ヨーグルトでなく、本当はもう少し油分の多い
サワークリームに近いスメタナというクリームを添えると教わったのだけど、
普段は水切りヨーグルトで代用しています。


クレープは、少し厚めに。
パンケーキとの中間くらいに仕上げてもっちり食感を出すほうが
かりかりパン粉+ヨーグルトとは相性がよい気がします。


もっちり厚めのクレープ(直径20cm 6〜8枚分)


卵 2個
砂糖 大さじ2
牛乳 300ml
薄力粉 200g(2カップ)
バター(菜種油でも) 大さじ2

1 ボウルに、薄力粉と砂糖を入れ泡立て器でよく混ぜる。
2 牛乳を加えて混ぜ合わせ、卵も割り入れてよく混ぜ合わせる。
3 溶かしバター(菜種油)を加えて混ぜ合わせる。
4 フライパンを中火で熱し、バターか菜種油(分量外)を広げ、3を流し込んで焼く。




一昨年、東京都文京区主催の
「世界の料理をつくろう」講座でも作ったデザート。


「初めての味!
 想像できなかったけれど、本当に美味しい」

「家でパンケーキなどでも試したい」


と、講座でも大人気でした。

かりかりパン粉とヨーグルトの組み合わせに警戒される方もいらっしゃいますが、
いちど食べると、その美味しさにはびっくりされます。
日本の食材でかんたんに作れ、
変わったスパイスなどを使っているわけでもないので
日本人の口にも、実はよく合うお菓子です。

フライパンにバターを溶かし、バターの倍量くらいのパン粉を入れ
うっすらきつね色になるまで炒めます。
そのパン粉のかりかり感と、上からかける砂糖のじゃりじゃり感の組み合わせが楽しい。
そこに少し酸味のあるヨーグルト(サワークリーム)が混じり、
素朴だけれど、ふくよかな美味しさが生まれるのです。

お好みでヨーグルトをホイップクリームに変えても。
日本人のイメージするスイーツにより近づきます。



講座のときには、下の写真のように「クネドリーキ」で作りました。

8D0A4E2B-E02E-45FC-B66E-E66D9F6D1197.jpg


「クネドリーキ」とは、
肉料理や、下の写真のチーズフライなどに
主食として添えられる、ゆでパンのようなもの。
クレープやパンケーキのほか、そのクネドリーキの残りものにも、
かりかりパン粉、ヨーグルト、ベリーソース、砂糖をかけて食べるのだそうです。


AFF6498C-312D-4143-AE8D-59A2CD8FAA72.jpg

このクネドリーキ、小麦粉だけで作ることもあれば
ゆでたじゃがいもと小麦粉を混ぜて、イタリアのニョッキのような生地で作ることも。
いずれにしても、大きななまこ形にまとめ、大鍋で20〜30分かけてゆで、
切り分けて食べるのが特徴。
作り方によって、もっちりにも、ふんわりにも仕上げられるユニークな主食です。

IMG_4777.jpg

チェコに滞在中、レストランでもよく食べました。



浦沢直樹のマンガ『モンスター』の中に


4D40C550-55CB-4255-B242-E6AF029B5133.jpg


こんなシーンがあります。


「今晩のお食事、クネドリーキでよろしいですか?」

「ああ……アナさんのクネドリーキは、みなの大好物だ」

8896444B-8792-48CA-9964-16039619C122.jpg

読んだ当時、チェコ好きの友人が
「クネドリーキはメニュー名じゃない!」
と言っていたことの意味を、
チェコで実物を見て初めて実感したものです。
クネドリーキは、単体で食べることはできない白米みたいなものでした。

(それにしても『モンスター』は名作です! 読んだことのない方はぜひ。
 
 ちなみにチェコに初めて行ったときの感想は
 カフカの『城』の世界まんまやなあ、と、
 『モンスター』でも見たまんまや! でした。
 本で読んだイメージと、マンガで読んだイメージで
 わたしの中でのチェコ像は出来上がっていたわけですが
 それがほぼ実物と相違なかったことに感動しました)
 



主食がそのままデザートに応用されるのは面白いですよね。
日本のお米にはあまりないアレンジです。
(五平餅などはありますが)


580CD972-1E63-4A70-8ED6-DC86025D0807.jpg

以前、フィンランドの料理教室に参加したときにも
やはり、残ったパンはプディングにしていました。


パンプディングやフレンチトーストなど、
ヨーロッパ各国のパン類の活用法は、聞くたびにその知恵に感心します。


と、ついついまた長くなってしまいました。

いつも長話におつきあいいただいてありがとうございます。
食べものの話って、ほんとに尽きないんですよね。




posted by しょうこ at 00:00| Comment(0) | __|- 食のはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする