2017年04月07日

4月1週目のあれこれ



気がつくと、桜が満開!
一日刻みで様子が変わってしまう桜に
毎年、ぼんやりしているうちに、気づいたら、
あ、桜が終わってた……となってしまいます。
でも、今年は早い桜を鴨川でみたから、いっか。


今週は健康診断でひとつひっかかった項目の再検査があり、
なんだか落ち着かない日々を過ごしております。
結果的には、大したことはまったくなかったのですが
検査に伴い、食事制限がありまして。
これが、食いしん坊のわたしにはちょいちょいキツい!

いちどお腹をカラにする必要があったため
検査2日前から、消化のよいものを。

それってつまり、

○おかゆ、素うどん、素パン、豆腐、卵豆腐、蒸しパン、カステラ、具なしスープorみそ汁

×繊維のあるもの
×油分

という内容でして、
いわゆる歯ごたえのない食べものだけ、ということになります。


15年ほど前、パキスタンのフンザに行ったことがあったのですが
毎日出てくるごはんのあまりの美味しさに
ひたすら食べて食べて食べまくっていたところ、
さすがに帰国してから起き上がれないほどの胃痛になったことがありました。
そのときにようやく食べられたのが、おかゆと蒸しパンだったのですが
それとほぼ同じ内容。

とはいえ、具合が悪ければそれでもありがたい食事ですが
元気なときに、上記のものだけ、というのは、なかなかにストレス。
しかも、家族のごはんは作らなくちゃいけない。
まだ春休みの延長で給食が始まらず、お昼ごはんもあります。

そこで
「繊維がなく、消化のよいもの」
と勝手に都合よく解釈して、
だしで煮たジャガイモ、とか、かきたま+豆腐のスープ
なんて足してみたりしつつ、家族との共存をはかっております。



ある日の内容。

家族向けには・・・

豚肉とパプリカ、しそのナンプラー炒め
鶏と野菜のマリネ
海苔と豆腐のスープ
じゃがいものだし煮


わたしには・・・

豆腐のスープ(海苔は入れず)
じゃがいものだし煮

71E10C96-D0CB-42CE-AFCC-CB41CB577305.jpg

といった具合に。
(写真はスープの代わりにおかゆだけど)

やってみるうちに、思い出しました。

これって、離乳食とまったく同じなんですね〜。
薄味で調味しつつ
柔らかく食べやすいものだけを取り分ける、的な。

最初は、自分だけ別のものを食べて諦めようと思っていたのですが
鍋ものにして、自分は豆腐とうどんだけ食べるとか
子どもたちは肉うどんにして、自分は素うどんにするとか、
同じように食卓を囲みながらでも、楽しむ方法はあるなあ、と。
そう思うと、なかなかに楽しくなってきました。

とはいえ、同じ食卓で、自分はやや淋しい内容を食べていると
よりいっそう淋しく
「一人だったらラクだったのになあ」
と思ったことも正直、何度かありますが。

また、離乳食を食べさせられながらも
大人の食べている唐揚げやら、炒めものやらを食べたがり
身を乗り出してつかみに来た、赤ちゃん時代の子どもたちの気持ちが
今さらながら実感としてわかるようになりました。

でもこれ、来るべき介護食のイメトレにもなったのではないでしょうか。
普通のごはんを作りつつ、食べやすいとりわけできるおかずも混ぜるっていうね。
ほんとの介護食はそんなに甘いものではないのかもしれませんが。


それにしても、離乳食にしても介護食にしても
何通りにもできるごはんを作るみなさんは、本当にえらい!
これ、わたしは自分のためだから一所懸命やるけど、
離乳食も介護食も、ひとのためだもんね。
しみじみ、食は愛だなあ、と感じます。



病院の待ち時間に読んだ「ナショナルジオグラフィック」誌のなかに
メキシコのある町の話が載っていました。

メキシコの中でも際立って現金収入の少ない町だけれど
年末に大勢訪れる巡礼の人たちのための食事を
12月に入ったら町が総出で準備する、という話でした。
食を大切にし、助け合って暮らしているから、
決して豊かな暮らしではないけれど、人々の幸せ度は高く
アメリカに移住する比率も、メキシコの中では圧倒的に低いのだとか。
食に関する仕事に携わる人が多いのも特徴だそう。
物々交換に近い、原始的な生活が成り立っている町なのだろうと思います。

深い信仰心と、古くからの共同体の助け合いの気持ちで
食を中心として人々が繋がっている。
ある意味
「食べるものの心配だけしていれば大丈夫」
が成り立つのどかな共同体とも言えますが、ひとって結局
食べ物があって人の和があれば、幸せに行きて行けるんだなあ、
という例を見せてもらったような気がしました。
食は愛ですね、ほんと。

かたや、自分はどうか。
毎日のように海外から来たワインを飲んで、フォーやパスタを食べている。
それはそれで、美味しいし幸せなことだけれど、
食への感謝やありがたさをきちんと考えず、
『千と千尋の神隠し』の顔なしみたいに
美味しいものを食べ散らかすような食べ方になってはいないかしら、
と反省もさせられたり。
いろいろと、食について考え直した一週間でした。


ちょうど折よく今週から始まったNHKの朝ドラ「ひよっこ」は
茨城の農村で、自給自足に近い暮らしをしながら
つつましくも楽しく暮らす家族の話。
ただ、舞台は昭和39年の東京オリンピックの年。
日本は高度成長期まっただなかで
地方で農業だけで暮らして行くわけにはいかない、
食と共同体だけでは成り立たなくなりつつある時代にもかかっていて。
いま、お父さんは東京に出稼ぎに出ていて、
いずれ主人公も集団就職で上京する、というストーリーのようです。

メキシコの町のような暮らしは
日本では50年前には失われつつあった、と思うと少しさびしいですが
ドラマ自体は、東京オリンピックから
わたしが生まれた昭和40年代にかけての10年ほどの物語だそうで
いまのわたしたちの生活の礎となっている時代の話、楽しみにみたいと思います。

何よりも、たびたび出てくる食卓風景が、
とにかく豊かで美味しそうで、地に足ついていて。
それだけでも今回の朝ドラは初回から真剣に観ているのです。



来週いっぱいくらい食事制限はゆるやかに続くので
身体を作り直すつもりで食改善に取り組むのが目の前の課題。
昨年、病気をしてからにんじんジュースを毎日続けている義母のオススメに従い、
にんじんジュースを試してみたいと思います。

検査でまっさらな状態になった(つまり薬にさらされまくった)腸を
健康な状態に戻すべく、真剣に腸活もしますよ〜。


というわけで、まずは、日々のヤクルトから。

5D1517DC-708E-4E7A-9256-93B6977B6A5B.jpg


再検査することになってから慌てて
ヤクルトレディに毎週届けてもらっているのです。
なんたって、スワローズファンですから
この一本が選手のお給料に繋がる、と思えば、効果もいっそう上がるってもんです!



posted by しょうこ at 00:00| Comment(0) | ☆日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月03日

ジミ弁で行こう!「鶏ムネとパプリカのマリネ」弁当


「ecomom」での「ジミ弁で行こう!」が更新されました。

FullSizeRender (3).jpg

http://business.nikkeibp.co.jp/atclmom/column/15/061500057/040300088/


今回は、カラフルなパプリカを使った、作りおきおかず。

IMG_8595.JPG

かぶの葉っぱの塩づけをごはんに混ぜて菜飯に。
「弁当はジミ色が美味しいんじゃい!」
とジミ弁を譲らないわたしではありますが、
黄色とか赤が入ったときの華やぎには、
やっぱりかなわないわ〜と思います。

とはいえ、赤ってパプリカと赤ピーマン、トマトしかないので
毎日まいにちそればかり、というわけには行かないのですけれど
だからこそ、いざ! というときに
赤い色が入ると、気分が上がりますね。
新学期のお弁当にオススメです。

前の日から作っておけるのもポイント。
パンやパスタと一緒の洋風弁当にもぜひ!


*****************************************

★ 新刊出ました ★

『「今日も、ごはん作らなきゃ」のため息がふっとぶ本』
主婦の友インフォス
出版社:主婦の友インフォス
ISBN-10: 4074202220

「ふっとぶ本」COVER.jpg

「めんどくさ」が「やってみたい!」に変わる
楽しいアイデアてんこ盛りの一冊です。
ぜひぜひ、見てみてくださいね〜。


<教室のご案内>

★ 世田谷教室 @松陰神社前
毎月テーマを設けて、時短だけれどきちんとしたデイリーおかずをご紹介します。
毎回10時30分〜13時30分
4月日程 → 4月23日(日)、24日(月)
5月日程 → 5月26日(金)、26日(土)
詳細はこちらをご覧ください
http://tauchishoko.seesaa.net/article/448296361.html
お申し込みはこちらまで。
http://www.shoinstyle.com/

★ 湘南教室 @蔦屋書店 湘南T-SITE内湘南料理塾
手抜きしない時短料理をテーマに、体系立てて料理を学ぶ講座です。
毎回10時〜12時
平日クラス(基本は第3木曜日)4月20日(木)、5月18日(木)、6月8日(木)
週末クラス(基本は第3土曜日)4月22日(土)、5月20日(土)、6月24日(土)
詳細はこちらをご覧ください。
http://tauchishoko.seesaa.net/article/447138434.html
お申し込みはこちらまで。
http://real.tsite.jp/shonan/cooking/

★ 恵比寿教室 @よみうりカルチャー恵比寿教室
キッチンから世界を旅しよう! 時短でかんたんな世界のおもてなしメニューをご紹介します。
第3土曜 10時30分〜12時30分
4月15日、6月17日(5月はお休み)
詳細・お申し込みはこちらをご覧ください 
http://www.ync.ne.jp/ebisu/kouza/201704-14550010.htm

みなさまのお越しをお待ちしております!

*****************************************
posted by しょうこ at 00:00| Comment(0) | __|- 連載「ジミ弁で行こう!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月28日

【時短料理教室】3月世田谷教室、無事に終わりました。


3月の世田谷教室も無事に終わりました。

今回のテーマは
「酸っぱくないマリネ術」

普段はジミ〜な時短料理教室ですが
今回はカラフルな野菜が揃い、華やかな食卓に!

E1AF1C60-8B89-46EA-B49E-EF149EC8576C.jpg


料理を

「切る」
  ↓
「下味」
  ↓
「加熱」
  ↓
「味つけ」
  ↓
「保存」

の5ステップに分解して理解し、
どこを時短していけるか考えていきましょう、
とお伝えしている時短料理教室。

今回は「保存」にフォーカスをあて、
保存することで美味しくなる、マリネをいろいろ作りました。

なすの揚げ浸しという究極の和のマリネを含む
全6品

○鶏ムネとパプリカのマリネ
○ブロッコリーのオイルマリネ
○メカジキのレモンマリネのオーブン焼き
○香味野菜のマリネソース
○なすとピーマンの揚げ浸し
○牛ステーキのトマトマリネ

+デザート
○いちごのローズマリーマリネ クレメダンジュに添えて


F84C153F-DD9F-484F-B3AA-69241A2B12D5.jpg

58AC1972-2504-4AF1-8B2E-B8391CE8A057.jpg

白ワインによく合う、お料理が揃いました。

今回の日曜講座は男性が多かったこともあり、
やってきたワインがあっという間にカラに!

786C41A4-9513-4542-B879-48C5A5AFAE66.jpg



お酒があると、料理もより美味しくなりますよね。

実はこの教室、平日に毎回来て下さる方が、お酒ご持参で
楽しみにきて下さることもあり、
時短料理とはいいながら、
おかずにもおつまみにもなるメニューを多くしています。

ここ数ヶ月は、週末に男性が来て下さることも増え、
赤ちゃん連れから、男性陣まで、と幅の広いクラスになってきました。
ぜひぜひお気軽にいらしてくださいね。

4月には「切る」にフォーカスをあてたクラスにします。

「春野菜の切り方と保存の仕方を知ろう」
リクエストの多い、野菜の切り方の練習と、保存と活用を。

4月23日(日)
4月24日(月)
ともに10時30分〜13時30分(内容は2回とも同じです)
受講料:3,500円


お申し込みはShoinstyleサイトからお願いします。
カレンダーのイベントをクリックすると、お申込フォームが出ます。
http://www.shoinstyle.com/


デイリー野菜のいろいろな切り方を練習して、
新しい美味しさを発見しましょう。
大根とキャベツ、玉ねぎを上手に切り、
冷蔵/冷凍保存ですぐに使える食材に変身させます。
そのほか、春野菜の美味しい保存方法と食べ方をご紹介します。

<メニュー>
○大根餃子
○大根麻婆
○春キャベツとオレンジのサラダ
○ちぎりキャベツのクイックおかず
○豆と新玉ねぎのスープ
○ほか

chickensalad.jpg

kabusoup.JPG




ところで、この4月から始まる新教室、
恵比寿教室はお酒ありにしようかしら、
と真剣に考えているところです。

よみうりカルチャーセンターで開催する恵比寿のお教室は
時短で簡単に作れて華やかな、
おもてなしにもなる世界料理に取り組みます。
土曜の午前中に、気軽にちょっと食べに行こうかしら、
という気分でぜひいらしてくださいね。

こちら、コース制にはなっていますが
1回のトライアル受講も可能です。
詳しくはこちらをご覧くださいませ。
http://www.ync.ne.jp/ebisu/kouza/201704-14550010.htm

ぜひぜひお気軽にいらしてくださいね。


*****************************************

<教室のご案内>

★ 世田谷教室 @松陰神社前
毎月テーマを設けて、時短だけれどきちんとしたデイリーおかずをご紹介します。
毎回10時30分〜13時30分
4月日程 → 4月23日(日)、24日(月)
5月日程 → 5月26日(金)、26日(土)
詳細はこちらをご覧ください
http://tauchishoko.seesaa.net/article/448296361.html
お申し込みはこちらまで。
http://www.shoinstyle.com/

★ 湘南教室 @蔦屋書店 湘南T-SITE内湘南料理塾
手抜きしない時短料理をテーマに、体系立てて料理を学ぶ講座です。
毎回10時〜12時
平日クラス(基本は第3木曜日)4月20日(木)、5月18日(木)、6月8日(木)
週末クラス(基本は第3土曜日)4月22日(土)、5月20日(土)、6月24日(土)
詳細はこちらをご覧ください。
http://tauchishoko.seesaa.net/article/447138434.html
お申し込みはこちらまで。
http://real.tsite.jp/shonan/cooking/

★ 恵比寿教室 @よみうりカルチャー恵比寿教室
キッチンから世界を旅しよう! 時短でかんたんな世界のおもてなしメニューをご紹介します。
第3土曜 10時30分〜12時30分
4月15日、6月17日(5月はお休み)
詳細・お申し込みはこちらをご覧ください 
http://www.ync.ne.jp/ebisu/kouza/201704-14550010.htm

みなさまのお越しをお待ちしております!

*****************************************
posted by しょうこ at 00:00| Comment(0) | ☆時短ワークショップ/料理教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月27日

【野菜の下ごしらえ】3月末編



週末は野菜の到着日でした。

わが家では、埼玉の有機栽培農家さんから野菜を取り寄せています。
元々は夫の実家で30年以上前からのおつきあいのある農家さん。
うちでも、2週に一度送ってもらっています。

ほんとは毎週でも欲しいところですが、
毎回届くのが、この量!

0CF6611B-D2FA-4D95-B6E1-37AD629EB845.jpg

今回は

 大根(葉つき)
 かぶ(葉つき)
 白ねぎ
 わけぎ
 ブロッコリー
 ほうれん草
 小松菜
 キャベツ
 サニーレタス
 じゃがいも
 玉ねぎ
 にんじん
 +卵のセット。


とっても美味しくて、楽しみにしているのですが
毎週にこの量が届くとすると
仕事などでほかの食材を買ってしまったら、あっという間にパンク!
今年からは2週に一度にしてもらっています。


届いた日には、いそいそと下ごしらえ。
2週間に渡って美味しく食べられるよう、
きっちりしまっています。

実はこのパターンを決めるまでは、
いつの間にか青菜をしなしなにしてしまったり(小声)
レタスのはしをチリチリに乾かして捨ててしまったり(さらに小声)
ムダも出していたのですが、
このところ、最後まできちんと使いこなせるようになりました。


その最大のコツは、
惜しまずラップに包むこと。


EBE23D25-A51A-4D53-9944-EB2C6DDF5DCC.jpg


前までは
「ラップがもったいない……」
という気持ちで、なんとなく袋に入れてしまっていたのですが
キャベツなどの大きなものも、ラップ2枚をクロスに広げて
しっかり包むと、10日〜2週間は美味しく食べられるではありませんか!

とりあえず、サニーレタスとキャベツはラップでぴっちりと包みます。

今週は、ブロッコリーもすぐには使わないので
とりあえずラップで。
ブロッコリーは、生で置いてもすぐ黄色くなるし
ゆでたら2〜3日で傷むし……で足の早い野菜ですが
ラップできちっと包んでしまえば、1週間でも緑色のまんま。

栄養価に関しては、新しいに越したことはないでしょうが、
ダメにして捨ててしまうことに比べたら、
いまのところはラップで包んだほうがベターという結論に。
小房に分けてさっとゆでて(あるいは生のまま)冷凍してしまうのもおすすめです。
(わが家は冷凍庫が常にパンパンなので、
 ブロッコリーを入れる余裕はまったくなく
 ラップで冷蔵庫に、という方法を採用しています)


7ABB182E-CB15-4594-A5B9-195A657FC98D.jpg

大根とカブは、葉を分けて。

大根とカブは、ラップに包んだところで
どうしてもスが入り、味が落ちやすいので
カブは4〜5日のうちに、
大根はできるだけ1週間のうちには食べ切るようにしています。
今日はしていませんが、大根もいちょう切りや短冊切りにして
袋に分けてしまうことも。

F8CD5AA4-4C3B-4C7F-B0CF-D9CB4892273C.jpg

葉は塩ゆでにしてから、刻んで塩をまぶしておきます。
それだけで、炒飯や菜飯、卵焼きの具に、と
すぐに使える青ものになります。



FullSizeRender (5).jpg

ときには、油揚げやそぼろと一緒に炒め煮にすることも。
お弁当のごはんにそのままのせて、卵焼きの具に、と大活躍です。

FullSizeRender (4).jpg

レシピはこちら。
http://business.nikkeibp.co.jp/atclmom/column/15/061500057/092000059/



D39E988D-874E-4600-A27D-54A4B0EC1F8A.jpg

ほうれん草と小松菜は、3〜4日で食べきりたいので
ほうれん草は下ゆでして保存。
小松菜は、下ゆでいらずで使える食材なので
3〜4cm長さに切って保存袋に。
みそ汁や炒めものの具に、すぐに使えます。

BFED1164-9976-4B38-AB78-5B0E4314520A.jpg

ほうれん草はゆでてしまうと傷みが早いので、
おひたしやみそ汁の具にするのは2日めまで。
3日めには、炒めて食べてしまいます。
朝ごはんのオムレツやスープの具に便利なのです。




63A2E638-F726-4454-A526-9BF2A22D5C17.jpg

わけぎはとりあえずラップに包んで。

白ねぎは外側の皮をむいて根を落とし、
適当な長さにして、保存袋に入れておきます。
本来、白ねぎは新聞紙に包んでおけば長持ちする野菜ですが、
そうしておくと、使うときに泥付きの皮をむかねばならず
急いでいるときは億劫になりがち。
こちらも1〜2週間なら……と、切って袋に入れています。
出してすぐに使えるので、ストレスなく消費できるのです。


にんじんは保存袋に入れて冷蔵庫へ。
じゃがいもと玉ねぎは冷暗所へ。
・・・で、今日の作業は終わり。


元気のあるときには、キャベツの下ゆでをしたり、
大根を使いやすい大きさに切り分けたり、
という作業をすることもありますが
今日の分け方は、そんなに負担に感じずに処理できる最低限。

このくらいでいっか、と疲れ過ぎるところまでやらないのが
続けるコツかな、と最近は
ラップに包む「とりあえず保存」に頼りっきりなのです。


3804D5B2-0525-49EC-9C8B-0EF717D1D09B.jpg

新刊でも、野菜の保存については、
冷蔵・冷凍の方法を書いています。


葉ものや緑のものは3〜4日で食べきり、
キャベツなどの白い野菜は10日〜2週間で食べ切る。
1週間後にはどうしても白っぽい野菜ばかりになるので
葉ものは1週間めに買い足し。
そうしたリズムを作ったことで
野菜が上手に食べきれるようになりました。

ここまでの量を一度に買うおうちは少ないかも知れませんが
「野菜を使い切れない」
という悩みをお持ちの方は、
ラップで保存、をとりあえずお試しを!


posted by しょうこ at 00:00| Comment(0) | __|- 季節の野菜のはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月25日

『「今日も、ごはん作らなきゃ」のため息がふっとぶ本』発売になりました!



以前お知らせしていた新刊
ようやく発売になりました!

『「今日も、ごはん作らなきゃ」のため息がふっとぶ本』
(主婦の友インフォス刊)

732958F7-C907-4623-B30B-AE2B1D4AC867.jpg

ながーい覚えづらいタイトルで恐縮ですが
でもこのタイトルのとおり、
「めんどくさ」が「やってみたい!」に変わるような
楽しい工夫を詰め込みました。
「ふっとぶ本」で覚えてくださいね。
表紙の通り、ポップで可愛い本に仕上がりました。

「○○しなくちゃ」の思い込みは
「○○が整わなくちゃできない」などなど
どんどん自分のハードルを上げてしまい
ますます毎日の仕事はめんどうなことになってしまいます。

そんなめんどうなこと考えなくてもいいじゃーん!
適当だってごはんはおいしく作れるよ
そうすれば毎日もっと楽しくなるよ
思い込みや常識をふっとばせ!
そうすればため息もふっとぶよ
というお気楽なメッセージを全力で伝える本です。

4B80BFE3-10B8-4DE8-9592-2B2D7B4AACA7.jpg


ズボラは手抜きでなく、
クリエイティブなことなんだ!
を証明すべく、
とても多くの方が一緒になって
「ふっとぶ本」の世界を作ってくれました。

「だから、ごはんも笑って作りたい。」
というすごい帯をつけてくれた編集・竹内さん、ありがとう。
中嶋美穂さん、いつも可愛いスタイリングをありがとう。
食べ物が大好きで本当においしそうな写真を撮ってくれた市瀬真以さん、ありがとう。
6日間、ハードな撮影を手伝ってくれた堀口菜緒子ちゃんありがとう。
初めてお手伝いに来てくれたのに一緒に盛り上げてくれた今井恵美ちゃんありがとう。
そして、まだお会いしていないけれど、
素晴らしいイラストとデザインで200%以上に仕上げてくれた、
東京100ミリパールスタジオの松田剛さんありがとう。

D95BFAB0-C2EA-4916-8EDA-140FC64C8BEB.jpg

この楽しさ、可愛さ、ぜひぜひお手にとって見ていただけると嬉しいです!
応援、ぜひぜひよろしくお願いいたします!!

https://www.amazon.co.jp/dp/4074202220/


posted by しょうこ at 00:00| Comment(0) | __|- お仕事情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする