2020年08月25日

グリルドトマトチーズ



久しぶりにグリルド・トマトチーズサンドイッチ。

C397AAC2-1FED-46E4-91AF-1018E1F20B1A.jpg


その名の通り、トマトとチーズを挟んだサンドイッチを
バターを溶かしたフライパンでじゅっと焼いて作ります。
ある程度の焼き色がついたら裏返し、
チーズが溶けるまで弱火で焼いたらできあがり。

ちょっと温まったトマトと、とろけるチーズ、
さっくりと焼けたパンの組み合わせが最高に美味しいのです。

カロリーがちょっと高めなので、バターなしで焼いたりもしますが、
バターで焼いたパンの美味しさは格別です。
まずいんですよねえ。太るんですよねえ。


アメリカの大学に通っていたころ、寮のカフェテリアでよく食べていたサンドイッチ。
「アメリカの料理って美味しくないんでしょ?」
とは今でもよく聞かれることですが、美味しいものもたくさんあります。
このサンドイッチはそのひとつ。

アメリカはチーズの質がよいのが嬉しい。
日本のスライスチーズはほとんどがプロセスチーズで
乳化剤などいろいろ入っていますが
アメリカのチーズは概ねナチュラルチーズの塊から切り出したもの。
牛乳を発酵させただけの、その名の通り「ナチュラル」なチーズがほとんどです。

街角にあるようなデリ、大学の中にあるカフェテリアでも
スイスチーズ、モントレージャックチーズ、チェダーチーズ、
それに、プロセスチーズのアメリカンチーズを加えた4種類くらいが並ぶのが普通。
「どのチーズにしますか?」
とたいていのサンドイッチ屋さんでは聞かれます。

バランス良くブレンドされたプロセスチーズの「アメリカン」は食べやすい味。
それに比べるとスイスは少し苦味が、モントレージャックはコクがあります。
チェダーはよりクリーミー。


ちなみにわたしはモントレージャックがいちばん好きでした。

E3E1656C-E596-43CF-8ABE-9A98A54722F9.jpg

年に数回行くコストコでのいちばんの楽しみが、
このコルビージャックとモントレージャックの詰め合わせ。

うちの子どもたちも大好き!
サンドイッチにしたり、ときには適当な大きさに切って
ワインのおつまみのチーズにすることも。
そろそろ次を買いに行きたいなあ。



posted by しょうこ at 00:00| Comment(0) | __|- 食のはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月22日

わが家の餃子とお気に入りのタレ。



昨夜の晩ごはん。


2年前にも書いていましたが、
「美味しい餃子の包み方を発見!」

わが家の子どもたち(特に娘)が、感動するほど餃子包みが上手です。


「スタバかサーティワンで働くのが夢だったけど、
 餃子屋にしたほうがいいかも!」

と自分でも言うくらいの腕前なのです。


9C866081-C888-4936-A1E7-7E808C9FA3BA.jpg

すごいでしょ。
一緒に餃子屋になりたいくらい!



44C0DAD1-1795-4B4B-8358-9FA3797FBA75.jpg


焼き上がった餃子には、今日はタレを4種類。


上から順に

✴︎スタンダードな酢醤油+ラー油

✴︎柿の種のオイル漬け
(BUMP OF CHICKENのラジオで知って思わず新潟アンテナショップで購入)


スクリーンショット 2020-08-26 0.25.23.png
(阿部幸製菓のHPより)

柿の種入りの食べるラー油。
美味しいです。見かけたら、ぜひ。



✴︎酢+黒こしょう。

台湾人の友人から教わったタレ。うちではいちばん人気です。


今日使っているお酢は横井醸造の「赤酢」

スクリーンショット 2020-08-26 0.29.09.png


6年前に「お酢の料理教室」でお世話になって以来、愛用しているお酢。
江戸前寿司に使われる赤いお酢で、香りがよくコクがあります。
普通のお酢と黒酢の間くらいというのでしょうか。
数量限定のため、残念ながら現在は販売休止中のようです。

もちろん、赤酢でなくても、普通の米酢や黒酢でも美味しい!

お酢+黒こしょう。
餃子がさっぱりして、すいすい食べられます。
ぜひ試してみてくださいね。


✴︎竹原商店「韓国料理の素」+醤油


甘辛いタレがほしいときに。
「唐辛子粉、水飴、米麹」などを中心にして作られた韓国料理の万能調味料。
韓国食材屋にもいろいろな合わせ調味料が売られていますが
これがいちばんのお気に入り。
化学調味料なし。甘すぎずすっきりした味わいです。

スクリーンショット 2020-08-26 0.34.46.png



そうそう、今日のごはんがとっても美味しかったので見てください!

50E4BCF5-8E8D-40CC-A04A-EAA078C86204.jpg

先日漬けた梅からとれた「梅酢」と里芋をごはんに炊き込み、
刻んだしそ、しょうが、みょうが、白ごまを混ぜ込みました。
ほどよい酸味と塩味が絶妙で、どんどん食べ進んでしまいます。
危ない危ない。

今年はお酢瓶2本分の梅酢がとれたので、
お弁当用になどにまた炊いてみようと思います。




posted by しょうこ at 00:00| Comment(0) | __|- 食のはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月18日

「saita PULS」でエッセイ連載始まりました!



サイト「saita PULS」で、エッセイの連載始まりました!

スクリーンショット 2020-08-19 11.07.01.png


コロナ禍の生活での個人的な、小さな発見について書いてます。


でもきっとほかの方にも
「そうそう」
と読んでいただけるのではないかな〜と期待してます。

ぜひ読んでいただけると嬉しいです。


➡48歳、子育て卒業を目前にした時短料理研究家が「おかあさんやめてみた」をやってみた話

https://saita-puls.com/18272/2
posted by しょうこ at 00:00| Comment(0) | __|- お仕事情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月16日

マリオ曼荼羅@高輪ゲートウェイ 8月18日(木)〜9月6日(日)



98F9E047-C639-4BE9-8BF6-5E91FAAF312E.jpg


夫、田内万里夫の壁画作業終わり。

本当に美しい作品が完成しました。





5日間、わたしはただ通って終電までの2時間眺めただけだったけど
(夫は毎日22時から朝までの夜なべ作業)

14D9EA1B-0A43-4F3E-9CD9-0B8D9D0AECFA.jpg


最前列ひとり占めで、
ライブペインティングを見せてもらいました。

C6E26E81-C670-4A3D-AFF0-36AA6ABA4B1E.jpg

線がするすると引かれるのを眺め、像が増殖していく様子に引き込まれていくうちに
浮遊しているような、不思議な感覚が味わえます。
しばらくはコロナでライブのイベントも難しいですが
生で描く様子も、またぜひ見ていただきたいな。



今回完成した壁画は、
8月18日(木)〜9月6日(日)11時〜21時まで展示中です。
本当に暑い毎日ですし、コロナ感染者も増え続けているなか、
ぜひぜひお越しください、とも言いづらいですが、
機会があれば、実物を見ていただけると嬉しいです。


https://www.takanawa-gateway-art.com/


02779FE1-8A73-42C5-9395-73086ED29C74.jpg



本当に綺麗なんです!


EfP2dcLUMAA-0-y.jpeg


ほかの作品も面白いものばかり。
ぜひぜひ、質感やテクスチャーまで間近で見てください!
本当に暑い毎日ですが、
足をお運びいただけますと嬉しいです。



7D64823A-5636-4068-BC9C-DBEB375F688B.jpg


壁画エリアの手前にある、
高輪ゲートウェイの駅前広場で開催中のTakanawa Gateway Festでは、
中田英寿さんの日本酒店ほか、飲食店もたくさん出ています。


https://www.takanawa-gateway-fest.com


密を避けるため、入場が事前予約制なのがやや面倒ですが、
ぜひぜひ、夏祭り感覚で遊びにいらしてくださいね。

(壁画エリアにも入場予約が必要なのかは、確認してまたお知らせします)






posted by しょうこ at 00:00| Comment(0) | ☆日々の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月14日

梅干しに初挑戦!



コロナ禍で手作り熱が上がっている方、多いのではないでしょうか。
わたしもご多分にもれず。
今年はいろいろと保存食を作っています。


わたし的には、梅干しに初挑戦したのが今年の目玉。

0E4B4C99-34E9-4DE2-8D49-C610D9E94789.jpg


以前からちょいちょい書いていますが、
義母が毎年、大量に梅干しを漬ける人でして。

http://oyako-gohan.seesaa.net/article/122637933.html

わが家には手作り梅干しのストックが保存瓶ひとつ分くらい常にあり
わたしは梅干しを漬ける必要がまったくなかったのです。


義母にもずっと以前には
「梅干し作業を見せてもらいたい」
とお願いしてみたこともありました。
夫の実家は埼玉県内なので、梅干し作業を見に行くくらい
日帰りで行けばいいわ、なんて思っていたのですが

「梅は『とれたよ』といつ近所から来るかわからないし
 来たらすぐに追っかけで作業だし、
 週末とかで約束するのムリよ〜」

と言われて、それっきりになってしまっていたのでした。



ですが、梅干しを漬ける工程をどうしても試してみたい!
との夫の希望で、ついに今年梅干しデビュー。

上の梅干しも、夫と一緒に仕込みました。



8月に入って晴れが増えたので、ようやく干しはじめ。

9DD48688-0ACD-45B9-A1A0-B303DA99C6FB.jpg


2日め。

E57878A2-C2AB-4E73-9135-3B8A5D00DC2E.jpg


3日め。

D49CC1D9-B1F4-4E2C-88A5-D8F2A4D10A4C.jpg


こうやって、干している間にも色づいていくのですね〜。
ようやく体験できて大満足です。



ちなみに、これは近所のお友だちから分けてもらったもの。

7976ED2A-C5C8-4587-97EE-507200EDCDB7.jpg


熟成2年めの梅干しを再度干したものだそうです。
土井善晴先生も「3年ものを干した」とTwitterで書いてらっしゃいました。
2年、3年熟成させても、また干すものなんだなあ。


わが家の梅干し道は始まったばかり。
学ぶこと、試すことがたくさんで楽しみです。
とりあえず、今年の2キロ分は、来年まで寝かせてみようと思います。

味噌といい、梅干しといい、
最近、作ってもすぐ食べちゃう料理よりも、
仕込んで仕上がりを待って完成品も長く楽しめる保存食が幸せ。
おばさんになって、熟成を待てるくらい気長になったのか、
あるいは、やり甲斐を少しでも長く形で残したい欲が出てきたのでしょうか。


posted by しょうこ at 00:00| Comment(0) | __|- 季節のしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする