2014年06月13日

バルテュスとメレンゲ

バルテュス展でメレンゲを買いました。


上野の東京都美術館で開催中の
バルテュス展」に行ってきました。
(6月22日まで開催中)
30791C64-B4DA-443E-A662-7300C6145CC3.jpg

子どもたちには、さほど面白い展示ではなかったようで、
美術館が貸し出してくれる、子ども用(といっても中学生まで)の
お絵かきボードで妖怪を描いたり、モンスターを描いたり。
「少しは絵もみたら。ボードは預かっておこうか?」
という夫と、難しいお年ごろの娘はバチバチな状態になったりして・・・。

わたしとしては、
興味がないものを無理強いしても・・・という気持ちがありつつ、
でも
「ANAP(洋服屋)だったら何時間でも見られるのに」
と、ふくれる娘を見ると張り倒したい気持ちになったり。

だって、肝心の絵は、というと。
薄っぺらい大量生産の流行服のお店と比べるなんて、
うちの娘はアホか!
と思わざるを得ないほどの圧を放つ、厚みのある絵でした。

わたしが、バルテュスさんの絵が大好きか、と言ったら
「うん」とは、すぐには言いがたいのですが、
それでも、一生を絵に捧げた人のすごい作品だ、ということだけはわかる。
「20世紀最後の巨匠」
というコピーも煽りでもハッタリでもありませんでした。
(まさか美術館が、煽りコピーを書いているとは思いませんが、
 話半分と思わなくてはならないようなコピーが世の中には多いですよね、この頃。)



わたし個人がとても心打たれたのは、
バルテュスさんの、生涯をかけて絵を描いてきた姿勢でした。
90いくつでなくなるまで
タバコを吸い続け、絵を描き続け、画集を見て勉強し続けた画家。
自分は芸術家と呼ばれるのは好まない、わたしは絵を描く職人だ
というような言葉が残されていましたが、
それが許される才能と環境とを持ち、見事にそれを生かし切った人。

いま、夫の絵をもっと多くの人に見てもらいたい、と
絵を描くことと、描き続けること、暮らすことの意味を
ずーっと考えているから、そこが気になったのかもしれません。
晩年を過ごした、スイスの「グラン・シャレ」のアトリエの再現もあります。


バルテュスさんの最後の奥さまは日本の方。
節子さんは、文筆家でもあり、
素敵な暮らしぶりが女性誌などにも載っているので
ご存知の方もいらっしゃるかと思います。



「バルテュス展」のミュージアムショップでは、
節子さんがスイスのおうちで作っていらっしゃるという、
スイス式メレンゲが販売されています。
晩年を過ごしたロシニエール村付近の名産なのだそうです。

B3A6B5AE-92DF-4452-B0AF-E4D99E901AA9.jpg


再現しているのは、フランス菓子の「ル・ポミエ」。
http://madamefigaro.jp/sweets/2012/01/22417.html
軽井沢で毎年夏に開かれる「スイーツ博」にも出店している
東京を代表するパティスリーのひとつです。


さて。
そのスイス式メレンゲは、しっかりと甘い!
節子さんは、ダブルクリームを添えて、濃い紅茶と一緒に供するのだそうです。
ダブルクリームとはイギリスでのクリームの分類で、
48%の乳脂肪分を含むクリームのこと。
つまり、日本の生クリームは45〜47%の商品が多いので、
ほぼこれで代用できるというわけです。

今回の展示の打ち合わせ時に、節子さんがふるまわれたという
メレンゲとお茶の写真が飾られていましたが
和の食器(おそらく骨董)を上手に使ったセッティングの美しいこと!
美術館内だから、と遠慮して写真を撮らなかったことが悔やまれます。

わたしは、普段はコーヒー党ですが、
このメレンゲはバルテュスさんと節子さんに敬意を表して紅茶で。
(「バルテュス展」では、オリジナルブレンドの紅茶も販売されています)

2014年6月22日まで上野の東京都美術館で展示中。
お越しの際には、メレンゲのチェックもお忘れなく!


posted by しょうこ at 00:00| Comment(0) | ☆働くおうちのご褒美スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月22日

マリベル(MARIE BELLE NEW YORK)


久々にスイーツのお話です。

チョコレートを頂きました。
NY発のショコラティエ「マリベル」のもの。

AC5C166B-7B2F-44F2-BF4A-3F4A1BE2F276.jpg

とにかくパッケージが可愛い!


B3F0E2DC-9AA4-4B5A-B64E-A901FE22BB88.jpg

小さな箱を開けると、中にショコラが入っています。
これがまた可愛い!!


サイトを見てみると、お店がさらに可愛い!!!

https://www.mariebelle.jp/

ライトブルーと茶色の組み合わせが好きなわたしには
たまらない美しさ。
アメリカ発のチョコレート屋さん、
青山のコンパーテスショコラティエも同様の色合せのパッケージですが、
エッジーでLAらしい印象のコンパーテスに比べると、
マリベルは女性ショコラティエのせいか
全体的にガーリーで繊細な印象です。

これまで京都にショップがあり、渋谷でも販売をしていたようですが
この4月、自由が丘にカフェ併設のショップができたのだそうです。


ショコラひとつひとつに、素敵なイラストつき。
それぞれ違うフレイバーでメッセージが込められています。

FD032C69-30C9-455A-B228-96CA6E1BE724.jpg

たとえば、こちら。
「HEART POCKET」
愛を誓い、秘密を共有した二人。
今夜、彼女は彼に鍵を託す・・・
◆ウィスキーフレイバー


35FC40AD-888C-4A9C-893A-2D062EE9BE6C.jpg


こちらは
「LET ME TIE YOUR SHOE」
彼女の夢が叶う!
彼等をとりこにする赤い靴。
今日は女神の気分!!
◆ミントフレイバー


といった具合。


味ごとに模様が違うショコラというと、ジョエル・デュランのものが有名ですが
残念ながらジョエル・デュランは昨年末で銀座店は閉店。
日本からは完全に撤退してしまったようです。
銀座店2階のパフェ、美味しかったのだけど・・・。

でもこれからは、マリベルがあるから大丈夫。
と思えるくらい、可愛くて美味しい、素敵なショコラでした。
プレゼントに選べば、話が弾みそうです。

お取り寄せもできるので、
手みやげお菓子リストに入れておきたいと思います。



〜お菓子好きな方は、こちらもぜひ♡〜

「午後3時のご褒美スイーツ」
(連載終了。いろいろなお菓子、ご紹介してます)
http://madamefigaro.jp/sweets/


temiyage_.jpg

『必ず喜ばれる手みやげお菓子』
田内 しょうこ (著)
出版社: 主婦と生活社
ISBN-10: 4391144360



posted by しょうこ at 00:00| Comment(0) | ☆働くおうちのご褒美スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする