2020年01月21日

【雑誌掲載】『リンネル』3月号「調味ルールで、ぜーんぶ無駄なし献立」


1月20日発売の
『リンネル』3月号に掲載いただきました。

B4532063-51D4-4651-960B-C5280051F331.jpg


「今年は『賢い家事』に切り替えを」特集内の料理ページ
「調味ルールで、ぜーんぶ無駄なし献立」。


1557E837-134C-4C31-8482-7C1048CBA4DD.jpg


基本の「甘酢」「甘辛だれ」「みそだれ」を使った主菜と
「ごま油」「オリーブオイル」「こまだれ」の味つけを軸にした副菜と。
一週間レシピをご紹介しています。



ごはんって「ああ、なにか作らなくちゃ」と思うとがぜん負担になってきますが、
たとえば「甘辛だれ」で味つけをしよう
とひとつ道筋が決まったり、枠が決まっていたりすると
ちょっとだけ気持ちの負担が減ったりしませんか。
考え方がラクになるというか。

わたしはそうです。


特に、献立を考えるときには

食材はかぶっても、味つけはかぶらないようにする

をメインに考えているので、
今回のように
「なにか賢い料理ルールを教えてください。
 できれば、味つけルールが決められると嬉しいです」
とご相談いただくと
「やっぱり、スタートは味つけからよね!」
と嬉しくなります。



ただ反対に、食材縛りのほうがラクという方もいらっしゃるかと思います。
「にんじんが冷蔵庫にたくさんあるから使いたい」
「ほうれん草はしっかり食べたいけど、バリエーションが少ない」
などなど、実際に冷蔵庫にある食材や
常備している野菜の展開を考えたい、と思うこともありますよね。


そこで、今回の特集では、
メインの料理は「味つけ」からスタートして展開させ、


87105FFE-F925-441E-8DF6-7F86917153DE.jpg


サブの野菜料理については、
「好みの味つけ」からも「手持ちの食材」から探すこともできるという


FFE791DD-18E2-41CA-929E-C6AAF2CC293F.jpg


2つのやり方に取り組んでいます。

野菜料理では、味つけは3種類に、
野菜は「にんじん、白菜、じゃがいも、ほうれん草」の4種類だけですが
味つけを縦糸として、食材は横糸として
2つの組み合わせでレシピは作れる、ということを
実感していただけるとよいなと思います。


ぜひ、見てみてくださいね。



「味つけ」の基本を知りたい!

という方には、こちらの特集もおすすめ。



「レシピを手放す毎日のおかず」

42E003F0-EF22-47E9-BC91-8EC5253C2C33.jpg


和風、洋風、中華風の基本の味つけバランスを覚えて
レシピを見ないでも料理を作れるようになりましょう。
という企画です。

今日のメニューに迷ったときに、味つけに迷ったときに
スマホでさっと見ていただけるので、ぜひぜひ見てみてくださいね!


posted by しょうこ at 00:00| Comment(0) | __|- お仕事情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月09日

【雑誌掲載】「日経Woman」3月号



今月号の『日経WOMAN』で
久々に拙著『サキドリ』について取材いただきました。

20A23D36-C1AD-4AF7-B3AE-978AD4876DFC.jpg



大好きな吉高由里子さんが表紙でウキウキです。

983987EF-20D4-4525-A4A5-E62558F74043.jpg



さらには中面には、宝塚歌劇花組新トップスター柚香光さんのインタビューページもあり、

D4B1774E-74BE-4268-A067-93121CD13F5D.jpg

わたし的には夢の共演でした!
(同じ雑誌に載っただけ←)



『サキドリ』、出版は4年近く前ですが、
いまのわたしにも読ませてあげたいような内容で、あらためてよい本だなあと自画自賛しています。


A1945F89-783B-4C26-859B-DD8E736FFF7B.jpg


「段取り良くサキドリしましょう!」
というスマートな本ではなく、
時間管理が鬼ヘタな私が自分の問題点を見つけ、
いかに混乱を少しずつ解決して心穏やかに過ごせるようになったかという本です。
「これどこまで事実なの?」
と捏造を疑われるほどの、涙なしには語れない私自身の失敗話を詳らかに晒しているのですが、
そのおかげか、
育休復帰して苦しい思いをしているママからは「泣きながら読みました」、
ウツ気味だった旦那さんが「『この人でも大丈夫なら……』と元気になった」
と熱い感想をいただく、刺さる人には刺さる本です。
『サキドリ――ダメ主婦、ダメ社員だった私が人生を取り戻した小さな習慣』


毎日バタバタしてて辛い……
という方、とりあえず日経WOMANからでもよいので、ぜひぜひ見てくださいね。


『サキドリ』、いまではもうあまり書店にはないと思うので、
まえがきを載せておきます。

50D0F6C4-132A-4D9E-BE6A-D81E572CB1D1.jpg

B54310D5-80D4-40AA-9A60-C958579BB147.jpg


よかったら、図書館で予約してでもよいので!
毎日バタバタで、何から改善したらよいのかわからない、
もう仕事を辞めてしまおうか、と迷っている方、
ぜひぜひ読んでみてくださいね。



posted by しょうこ at 00:00| Comment(0) | __|- お仕事情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月13日

パルシステム「レシピを手放す毎日のおかず」公開されました!



本日から、パルシステムのサイトにて
わたしが監修した特集ページ
「レシピを手放す毎日のおかず」
が公開されました!

42E003F0-EF22-47E9-BC91-8EC5253C2C33.jpg


パルシステムは、首都圏を中心とした10都県の組合から作られている
生活協同組合(いわゆる生協)です。
https://www.pal-system.co.jp/


和風、洋風、中華風の基本の味つけバランスを覚えて
レシピを見ないでも料理を作れるようになりましょう。
という企画です。

EE8F4A33-F382-4DAE-8280-9C36A2E6E359.jpg

「レシピを手放す毎日のおかず」


これまで、さまざまなセミナーや時短料理教室などで
「レシピを見ないで作れるようになるのが、いちばんの時短」
とお伝えしてきました。

レシピを見ないで作れるようになるということは
ある程度の料理は身についている証。
冷蔵庫にある材料で料理ができる
という理想的かつ最強の状態になっていることでもあります。

ただその
「レシピを見ないで作れるようになる」
というのがそもそも難しいとは、よく聞くお言葉です。

でも、レシピを丸暗記しなくたって大丈夫。

ひとつ作り方と味つけの法則を身につければ、
材料を変えて、どんどん違う料理が増やせるよ。


ということを体感していただけるページを作りたいね。
そんなご相談をパルシステムさんと去年から始めて
ついに2年越しで特集が完成しました!



CE0F3047-341A-4435-872B-84473B22EB5C.jpg

「レシピを手放す毎日のおかず」

正直、ここまで長かった・・・!
書籍でもここまで時間をかけたものはないかもしれません。
骨組みを作っては崩し、作っては崩しをくり返し、
いろいろな部署や組合員さんのグループに回ってはダメ出しをされ、

「もっとわかりやすい比率で」
「もっと身近な食材で」
「材料の数は減らして」

といろいろなご意見を取り入れ、
手直しして、作り直して。


先日、お仕事でお目にかかった若い女性は
「毎日、カット野菜のサラダとレトルトばかりで……」
と言っていたなあ。
でも理系出身の子だから「黄金比」とルールを見たら
きっと試してみたくなるんじゃないかしら。
さほど遠くもない将来に、ひとり暮らしをするかもしれない
うちの子どもたちが見ても作れるような内容にしたいなあ。
といろいろな顔を思い浮かべながら、
なるべく身近な内容になるようまとめ上げました。


完全な初心者さんというよりは、
日々のごはんを作りながら、
味つけに迷い、メニューに困っている
ママさんパパさん向けの内容ではありますが、
スマホ片手に「どれにしようかな」と選んで
作っていただける内容になっていると思います。


cuitlery_SMALL.jpg



最後の最後で、わたしが急きょ入院+手術することになり
わたしがやるべき撮影をフードコーディネーターさんにお願いしてしまったり
諸々ご迷惑をおかけしながら、
手術の前日までレシピの調整をし、
手術の翌日にもメール連絡をし、
と何だか
「働きマンのようなわたし」も楽しませていただきました。

出産以外で初めての入院で、なんとも心細いときに
外との繋がりを感じられるって本当にありがたいことで
このお仕事には、何度も何度も励まされました。
本当にありがとうございます。
思い出深いお仕事になりました。




9214945B-934D-4B30-A67A-080A8726107D.jpg

「レシピを手放す毎日のおかず」


この穴からわたしが覗いているレイアウトがお気に入り!

身近な材料で、ご家庭の定番となれるレシピばかりをご紹介しています。
毎日のごはん作りにお役立ていただけると嬉しいです。



cuitlery_SMALL.jpg


このあと、パルシステムさんでは、毎週配布されるカタログ内で
お肉レシピのご提案も担当していきます。
パルシステムの組合員さんは、ぜひ『コトコト』を見てくださいね。
来週から配布される10月1回めのリニューアルカタログから登場する予定です。

組合員さんでない方も、大丈夫!
パルシステムの「だいどこログ」というレシピサイトで
同時にレシピは公開されていく予定です。

こちらは9月末から登場予定ですので、
公開されたらまたお知らせしますので、お楽しみに!



posted by しょうこ at 00:00| Comment(0) | __|- お仕事情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月03日

こどもどんぶり全5回@エキサイトウーマン



新年度の始まり、みなさんいかがお過ごしですか?

エキサイトウーマンにて
新連載はじまりました!

「こどもどんぶり」

1552041712_8.jpg
https://woman.excite.co.jp/article/lifestyle/rid_E1550126927150/


「おかずばっかり食べて
 なかなかお米を食べない」

という、うちの食べ盛り男子からは信じられないような悩みは
意外や、未就学の小さい子たちのみならず
小学生くらいのお子さんの食の悩みとしてもよく聞きます。

ならば。
最初っから、おかずをごはんにのせて
どんぶりにして出しちゃおう!
というちょっぴり乱暴な企画です。

昨年出した
『汁かけごはん』でも
ほんとはみんな、
ごはんにおかずをのっけて食べるのが好き
を追究してきましたが、それをこどもごはんに延長。
エキサイトウーマンにて、新しい連載の運びとなりました。


一回目は
お肉も野菜もパクパク食べる!
レンジで簡単「ガパオどんぶり」【1品で大満足! こどもどんぶり Vol.1】

1553682915_1.jpg


本気で作ると調味料もいろいろ必要なガパオですが
オイスターソースとしょうゆでも、それっぽく作れます。
バジルも省略し、
まだプレーンな味が好きなこどもにも食べやすい味に仕上げています。
レンジでチンするだけで作れますので、お試しを。

そのほか、作りやすくて美味しい「どんぶり」ばかり。
ぜひ見てくださいね。


第2回

子ども好みの甘辛味で食が進む!
パパッと完成「鶏照ちらし丼」【1品で大満足! こどもどんぶり Vol.2】

1554787517_1.jpg



第3回
「時間がない! 買い物にも行けない! そんな日に5分で作れる
「クイック丼ぶり」2選【1品で大満足! こどもどんぶり Vol.3】
「しらす&たまご丼」と「ツナマヨコーン丼」

1555485794_1.jpg



第4回
この一皿で栄養たっぷり! 辛くない「こどもマーボー丼」
【1品で大満足! こどもどんぶり Vol.4】

1557220698_1.jpg



第5回
トロトロあんかけごはんで子ども食が進む!
「カニカマたまご丼」【1品で大満足! こどもどんぶり Vol.5】

1557395183_1.jpg



posted by しょうこ at 15:52| Comment(0) | __|- お仕事情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月28日

「Mart9月号」の特集に掲載いただきました。


毎日、本当に暑いですね!

7月28日発売の「Mart 9月号」で
『かんたん「スープごはん」で夏休みの一汁一菜』
と題した10ページの特集で
丸ごと料理を担当させていただきました。

FA4F3EF4-2340-4FC8-999A-300F5E82C8A0.jpg


暑い夏にも、元気においしく食べてもらいたい、
作るからには、少しでもラクに、でも楽しく、
という特集です。


CB3D9AAA-E61E-4417-8863-191126A44823.jpg

新刊『汁かけごはん』も載せてくださいました!


10ページで、写真点数はいま数えてみると
なんと90点以上!
ちょっとしたムック並みの大掛かりな撮影で、
2日がかりで頑張りました〜。



BE93CF12-F232-459A-B42C-C81399E2DA39.jpg


15CA9252-51DB-41F7-AA7C-3955B6642236.jpg


B3C101A6-1209-4D41-9146-A4FF3BCC5536.jpg


F0EA99FC-4748-40C1-AD5E-AF1D492AC625.jpg



編集さん、ライターさん、カメラマンさん、みなさんの工夫で
世界を旅する料理的な
楽しい料理ページに仕上がっています。


CF29469B-986C-40E9-80AB-1A3E97F31958.jpg


ぜひぜひお手にとってご覧くださいね!


posted by しょうこ at 00:00| Comment(0) | __|- お仕事情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする