2021年01月17日

「saita」連載第8回 「「万一の備え」について26年前の1月17日を経験したわたしが今思うこと」



「saita」コラム、更新されました。

今日は阪神・淡路大震災から26年。

もしものとき、家が倒壊しない限りは
自宅でしのぐのが原則です。
ライフラインが途絶えるなか
自宅で食べてサバイブしていく備え、
できていますか? 


https://saita-puls.com/19370

「万一の備え」について26年前の1月17日を経験したわたしが今思うこと


26年前の阪神淡路大震災で被災しました。

が、4日後には神戸を出てしまったため、
残った人に対してずっと罪悪感を持ち続けているし、
震災を生き抜いた実感を持てずにきたので、
あまり震災の話はしないできました。

でももう26年。
あの地震を一個人がどう過ごしたかを伝えることは、
少しは何かの役に立つかもしれないと初めて書いてみました。

阪神淡路大震災の後、
復旧にいちばん時間がかかったのはガスでした。




posted by しょうこ at 00:00| Comment(0) | __|- saita コラム連載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: