2019年09月13日

パルシステム「レシピを手放す毎日のおかず」公開されました!



本日から、パルシステムのサイトにて
わたしが監修した特集ページ
「レシピを手放す毎日のおかず」
が公開されました!

42E003F0-EF22-47E9-BC91-8EC5253C2C33.jpg


パルシステムは、首都圏を中心とした10都県の組合から作られている
生活協同組合(いわゆる生協)です。
https://www.pal-system.co.jp/


和風、洋風、中華風の基本の味つけバランスを覚えて
レシピを見ないでも料理を作れるようになりましょう。
という企画です。

EE8F4A33-F382-4DAE-8280-9C36A2E6E359.jpg

「レシピを手放す毎日のおかず」


これまで、さまざまなセミナーや時短料理教室などで
「レシピを見ないで作れるようになるのが、いちばんの時短」
とお伝えしてきました。

レシピを見ないで作れるようになるということは
ある程度の料理は身についている証。
冷蔵庫にある材料で料理ができる
という理想的かつ最強の状態になっていることでもあります。

ただその
「レシピを見ないで作れるようになる」
というのがそもそも難しいとは、よく聞くお言葉です。

でも、レシピを丸暗記しなくたって大丈夫。

ひとつ作り方と味つけの法則を身につければ、
材料を変えて、どんどん違う料理が増やせるよ。


ということを体感していただけるページを作りたいね。
そんなご相談をパルシステムさんと去年から始めて
ついに2年越しで特集が完成しました!



CE0F3047-341A-4435-872B-84473B22EB5C.jpg

「レシピを手放す毎日のおかず」

正直、ここまで長かった・・・!
書籍でもここまで時間をかけたものはないかもしれません。
骨組みを作っては崩し、作っては崩しをくり返し、
いろいろな部署や組合員さんのグループに回ってはダメ出しをされ、

「もっとわかりやすい比率で」
「もっと身近な食材で」
「材料の数は減らして」

といろいろなご意見を取り入れ、
手直しして、作り直して。


先日、お仕事でお目にかかった若い女性は
「毎日、カット野菜のサラダとレトルトばかりで……」
と言っていたなあ。
でも理系出身の子だから「黄金比」とルールを見たら
きっと試してみたくなるんじゃないかしら。
さほど遠くもない将来に、ひとり暮らしをするかもしれない
うちの子どもたちが見ても作れるような内容にしたいなあ。
といろいろな顔を思い浮かべながら、
なるべく身近な内容になるようまとめ上げました。


完全な初心者さんというよりは、
日々のごはんを作りながら、
味つけに迷い、メニューに困っている
ママさんパパさん向けの内容ではありますが、
スマホ片手に「どれにしようかな」と選んで
作っていただける内容になっていると思います。


cuitlery_SMALL.jpg



最後の最後で、わたしが急きょ入院+手術することになり
わたしがやるべき撮影をフードコーディネーターさんにお願いしてしまったり
諸々ご迷惑をおかけしながら、
手術の前日までレシピの調整をし、
手術の翌日にもメール連絡をし、
と何だか
「働きマンのようなわたし」も楽しませていただきました。

出産以外で初めての入院で、なんとも心細いときに
外との繋がりを感じられるって本当にありがたいことで
このお仕事には、何度も何度も励まされました。
本当にありがとうございます。
思い出深いお仕事になりました。




9214945B-934D-4B30-A67A-080A8726107D.jpg

「レシピを手放す毎日のおかず」


この穴からわたしが覗いているレイアウトがお気に入り!

身近な材料で、ご家庭の定番となれるレシピばかりをご紹介しています。
毎日のごはん作りにお役立ていただけると嬉しいです。



cuitlery_SMALL.jpg


このあと、パルシステムさんでは、毎週配布されるカタログ内で
お肉レシピのご提案も担当していきます。
パルシステムの組合員さんは、ぜひ『コトコト』を見てくださいね。
来週から配布される10月1回めのリニューアルカタログから登場する予定です。

組合員さんでない方も、大丈夫!
パルシステムの「だいどこログ」というレシピサイトで
同時にレシピは公開されていく予定です。

こちらは9月末から登場予定ですので、
公開されたらまたお知らせしますので、お楽しみに!



posted by しょうこ at 00:00| Comment(0) | __|- お仕事情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: