2017年01月20日

卯の花カレー


ただいま、新刊執筆でこもり中です。

そういう時期になると、家事力がガコーンと下がるわたし。
書かなきゃ、やらなきゃ、と思うと
ほかのことをやっている時間がないわ……
と何にも手がつけられなくなってしまうのです。

どうせ5時間も8時間も座ってても何も進まないなら
(悲しいけど、ほんとにそういう日もちょっちゅうあります)
思い切って、外に出て遊んだりしたほうが
よほど気持ちの切り替えがつくのでしょうけれど、
こと原稿がからむと、なかなか……。


さて。
昨日もそんなおこもりデーだったのですが。

昼ごはん、めんどくさいなあ。
買いに行くのもめんどくさいなあ。
いっそ、カレーにしちゃおうかなあ、と
「中村屋チキンカレー」のレトルトを眺めていたところ
ふと、ケチ心が起きました。
冷凍庫に残ってるもんで、カレーくらいできるんじゃないの?

冷凍庫に残ってるもん、といえば、ミックスベジタブル。
撮影で必要になって買うものの
子どもたちがキライで食べてくれないもので
消費になかなか困るやつです。
最悪、チキンスープでこれ煮て、カレー味にすれば食べられるな。
いやあ、でもさすがに淋しい感じかな?

なんて考えながら冷蔵庫を開けると、
いました。残りもの。
卯の花(おから)です。
今回はさつま揚げなんかも刻んで入っていて、
だしがばっちりきいてるし、もしかして美味しいかも。


小鍋にお湯を沸かし、パルシステムのチキンスープの素と
ミックスベジタブル、卯の花を投入。
冷凍庫に眠っていた、辛いパプリカも刻んで投入します。
煮えてきたところにフレーク状のカレールーと
わたしの好きなクローブ+カルダモン。

で、食べたところ。

想像の100倍美味しい!


96257C1C-41EC-41CC-B3A3-9C668B5F2FC3.jpg


というわけで、食べかけでお見苦しいのですが
慌てて写真を撮りました。
ほんとーに美味しかったのですよ。

横着して作ったつもりが、
ヘタにマジメに作ったものよりも美味しかった!

残り物はなんでもカレーにすると美味しいよ、
とちょうど原稿を書いたばかりでしたが
卯の花でもやっぱり美味しい、と立証できて
かなりご満悦なランチになりました。


もとの卯の花がしっかりだしで出来ていた美味しいものだった、
ってことも大きいのかなあ、と。
「手抜きじゃない時短料理をやってます」
といつもわかりづらい説明をしているのですが、
きちんと味の土台が手を抜かず美味しくできていれば
そのあとは手抜きっぽくても美味しくなるぞ、
とあらためて確認できたといいますか。
やっぱりだしとか調味料とか素材とか、
ベースになる部分は美味しくないとね。
なーんて、今回の卯の花は自分で手をかけたわけじゃなくて
母が作ったものだったのですけれど!


唯一の難点は、おからを使っているせいか
想像以上にお腹がふくれるカレーだったこと。
反対にいうと、育ち盛りのお子さんには
栄養価も高いし、お腹もいっぱいになるし、いいかも。
みなさまもぜひ、お試しあれ〜。



posted by しょうこ at 00:00| Comment(0) | __|- 時短ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: