2019年09月09日

果物はゆとりのバロメーター。



今日は台風のために電車がなかなか動かず
電車通学の高1娘は
いつもよりも2時間ほど遅れての登校になりました。

おかげでお弁当準備にもゆとりができて、
滅多に入れない果物を入れたところ。

「やったー! フルーツだ‼️」

と喜ばれてしまいました。



1E4F251E-8590-4E9A-A545-A48FAC2D5443.jpg

牛肉と小松菜のオイスターソース炒め
じゃがいものきんぴら
ふかしいも
ミニトマト



日頃あまり入れなくてごめん!

やればちょっと、数分のことなんだけど、
りんごの皮むいて塩水につけて・・・って、
気持ちに余裕がないとできないんですよね……。



加えて、果物は重いし高いし、で
体力にも気持ちにもゆとりがないと、そもそも買えない。

りんごの重さひとつも
体力と相談しながら買う人もいる、というのも
体力がどーんと落ちたこの2か月で
身をもって体感したことのひとつです。

手術後であまり重いものが持てなかった時期には、
スーパーでどんどんカートに入れてはみるものの、
重さを確認して、持って帰れるか冷静に考えて。
袋入りのりんごは諦めて、
とりあえず1個だけ買ったこともありました。



りんごを買うにも体力がいる。
切ってお弁当に入れるにも気力がいる。


元気なときにはそれっぽっちのことですが、
失ってみると、
その体力気力は本当にありがたいものだとわかります。

どんどん上積みしていく可能性のある状態に感謝して
いまできることを精一杯がんばらなくては。



cuitlery_SMALL.jpg



実はわたし、あまり果物が好きではありません。
嫌いでもないけれど、
手が果糖でベタベタする煩わしさのほうが
美味しさへの喜びより勝るのだから、
たぶん、やはりそこまで好きではないのでしょう。
バターが手につくと煩わしくていや! という気持ちはあっても
やはりお菓子ならば、どうしても食べたければ
頑張って作るわけですからね。
優先順位の問題で。


だからついつい「お弁当にフルーツを入れる」
という発想が抜け落ちがちなのですが
娘は果物が好きだった、
ということを期せずして台風のおかげで
今さらながらに確認もできたので
これからのお弁当には
なるべく入れるように工夫したいと思います。



posted by しょうこ at 00:00| Comment(0) | ☆日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする