2014年08月31日

【台湾の記録】子どもにおすすめ2! 猫空ゴンドラ



2日めはこちら。
やはり、子連れにはオススメ! の猫空(マオコン)ゴンドラ。


ここにも、やはりキティ。
台湾の方々はとにかくキャラ好き、と聞いてましたが、
キティちゃん人気は予想以上でした。

P1040912.JPG

3E01E674-3688-450C-A1FC-B3308DC7DE23.jpg


台北101から見えていた山の上にある猫空。

P1040757.JPG

台北動物園横からその猫空まで、つないだロープウェイが猫空ゴンドラです。
片道約20分の空の旅が楽しめます。

とにくかくにも「猫空」って名前がとにかく可愛いですよね!
(あ、猫だからキティがいたのか?!)

FEB4C7DB-3E02-41ED-AFDF-3B49D6646012.jpg

通常のゴンドラと、足元が透明になっている水晶ゴンドラの2種類があるのですが。

ここまで来たらもちろん、水晶ゴンドラに乗るっしょ!
ということで、足下はこんな感じ。

DDA4917D-9901-4CB6-B593-863E21FCCEAD.jpg


高いところが怖い方はムリかも知れません。



通常ゴンドラは8人乗り。
水晶ゴンドラは5人乗り。
わたしと子どもたちの3人だったので、行きも帰りも台湾の方々とご一緒しました。
勝手に足撮影したあげく、ブログにまで載せてごめんね!


できた当時には、かなりの行列で1時間待ちなどもザラだったそうですが、
いまは真夏で暑いせいもあるのか、落ち着いた様子で、
週末だったけど、水晶ゴンドラでも20分も待たずに乗れました。

乗り口横で水晶ゴンドラ用の整理券をもらって並びます。
台湾の乗り物は、115cm以上の子どもは一律大人と同じ料金なのですが
この猫空ゴンドラだけは、子どもは無料でした。

大人は往復で100元(約400円)。
それで、往復40分も景色が楽しめるのだから、ありがたや〜。


P1040920.JPG


「『カンフーパンダ』に出てくる龍の城(翡翠城)にそっくり!」
と息子が大喜びだった、お寺らしき建物なども見えます。

7579492F-3F71-4123-9033-79D8E9FF8AA4.jpg



猫空につくと。

お茶の名産地である猫空には、お茶屋さんがいっぱい。
しかし、「子連れ台北」信者のわたしは、
中で紹介されていたお茶屋さんにどうしても行きたい!

暑い中、頑張って10分近く歩いて「美加茶園」へ。

95A364A3-DA24-4AF1-BDD4-F6B037118322.jpg


さすがに駅から遠く、真夏のせいか、お客さんもなく。
貸切状態でのんびりお茶を楽しませて頂きました。
ゴンドラと山を眺めながら、のんびり過ごすことができます。

英語も日本語もほとんど通じませんが、
親切なおばちゃんがおもてなししてくれます。

EF2598F0-0A53-44B4-BDAB-611A2999203C.jpg


子どもたちは、鉄観音アイスクリーム。

28C728C3-E56B-48A6-802A-E666547D26F5.jpg


お作法に従って、お茶の香りも楽しみました。

E9F27990-35DC-4FF2-A5AA-7819EDAD54F7.jpg
細長い器にまずお茶を注ぎ、

73500D89-861E-4CA9-8FAC-400377644E85.jpg
平たい器を上に重ねます。

3DEC5BCE-BFFD-4BDD-A1EA-1368A785E02B.jpg
そして、ひっくり返す!

567C7A05-3571-4FA2-8329-CB3B39A2A62A.jpg
空になった細長い器を手で温めながら、残り香を楽しみます。

もともと、発酵茶があまり得意ではないので、烏龍茶は日常的には飲まないのですが
こうして頂くお茶は美味しかった!
しばらくは家でも烏龍茶を飲みたい、と思ったほど。
何よりも、このお作法は息子には楽しかったらしく、
「器を買ってくれ」
とずいぶん、ねだられました。


この美加茶園では、持ち帰り用の茶葉も購入できます。
おしゃれなパッケージではありませんが、台湾ぽくてステキ。
705DAD76-F5A4-47C4-A7E2-E76AB51C016A.jpg


産直プライスなので、街中や空港で買うのに比べるとずっと安いと思います。



子どもも大人も楽しめる、猫空。
ロープウェイの始点、動物園駅は地下鉄(MRT)の終点駅。
街中を抜けて、電車が進むとどんどん景色が変わって来ます。
屋上で鶏でも飼っていそうな古い建物や、南国チックな草木の茂る森など
ほんの少し電車に乗るだけなのに、まったく違う景色が楽しめるのもポイント。
次回もぜったい行きたい場所です。


posted by しょうこ at 00:00| Comment(0) | ☆旅行の記録いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月30日

【台湾の記録】子どもにおすすめ! 台湾101



観光初日は、台北101へ。
東京タワーにもスカイツリーにも行ったことがないのに、
なぜ外国ならば、名物タワーに上ってしまうのか?


それはひとえに、初日の子どもは
わかりやすいものにしか反応してくれないからです!

P1040721.JPG

P1040738.JPG

高い高いビル。
それを10数秒で上り切ってしまう高速エレベーターで89階へ。


P1040757.JPG

エレベーターを出ると、台北の景色がぐるり。
(現在89階の展望台は一部工事中につき、360°すべてを見ることはできません)
イヤホンつきの日本語ガイドをもらい、
子どもたちも大喜び。


FCDD4D15-3108-4E18-A535-68B37155B7E1.jpg


P1040767.JPG

エレベーターが着いた90階からひとつ上ると91階の展望台へ。


81C2C3D4-3176-43AE-A893-766EA8C74770.jpg

松山空港は、ほんとうに街の近く。
台北101からも見えます。



帰りのエレベーターは89階から。
90階から階段を降りると、エレベーターの乗り口までは建物をぐるーっと回らされ、
いろいろな土産ものを見せられます。

D1792820-D330-4791-9442-7B4F7390D93F.jpg

台湾は驚いたことに、まだ珊瑚の商品がいろいろ売られています。
商品のみならず、こんな工芸品を間近に見ることができるのは嬉しいかぎり。
こんなサイズの珊瑚で彫刻を作っていること自体にびっくりです。

0FD7B180-9744-4398-A6AD-A86AEB01DB4D.jpg


店員さんの説明によると、珊瑚は
「10年で3cmしか成長しない」のだとか!
だから日本ではとっくに採取禁止になっているのだと思いますが、
そんな貴重な品を買えるのは嬉しいけれど、
買ってよいのかは微妙な気持ちに。
いずれにしても、じっくり見るのは次回の楽しみにして、今回は眺めるだけにしておきました。



建物を地下まで下りるとフードコート。

「日本のカレーがあった!」
「31アイスクリームがあった!」
と喜ぶ子どもたち。

子どもは知らないものへの警戒心が強いのですが、
反対に知っているものを見ると、一気に親しみを感じるようです。
この子どもたちを見ていると、とにかく商品を露出させて記憶してもらう、
という広告の根本的なシステムの意味がよーくわかります。

さて、子どもにはカレーを食べさせ、
わたしは台湾名物、魯肉飯(ルーローハン)を。
豚バラ肉を、八角などの香りを効かせて煮たもの。
ごはんにザバッとかけて頂きます。
冬瓜と牛肉のスープ、さつまいもの葉のゆでたものを添えて。

1B983002-A382-4DFF-92BE-B501F5326697.jpg

「えー、それにしたの?」
と警戒心もあらわだった娘も、一口食べて「美味しい!」
見た目でいやだと言われても、とにかくまず試させてみないとなあ、
とあらためて思いました。

とはいえ、台湾の食事に疲れてしまった、あまり馴染めない、という方にも
この台北101のフードコートはおすすめ。
日本のカレーから普通の日本食、モスバーガーまであります。
そのほか、韓国料理にインドカレーにスパゲティ。
ありとあらゆるものが選べます。



それにしても、初日に台北101からスタートしたのは、
決して計画していたわけではなかったのですが、
結果的に、子どもたちにとっても、よい台湾への入り口になりました。

朝からばっちり台湾ごはんを食べたいところをぐっとこらえて、
朝ごはんはマックに連れて行き、
昼ごはんには台北101のフードコートで日本風カレーを食べさせつつ、
わたしの買った魯肉飯を味見させて「美味しいでしょ〜」と徐々に洗脳。
最初は見た目でいやがった、タピオカたっぷりのジュースも機嫌よく飲みました。

P1040830.JPG

遊んだ〆にはマンゴーかき氷まで食べさせるという、
日本ではありえない大サービスで

「明日もマンゴーかき氷たべたい!」
「台湾、また来たい!」

と言わせることにも成功♪
なかなか理想的な台湾への導入となった一日でした。


わたし的にオススメは、
台北101の地下フードコートにある、このお菓子。

49E70D2F-D6B5-4314-BA29-3920A2B0A442.jpg

豆乳をかためた豆花に、煮豆がのったお菓子はよくありますが、
これは下の豆花部分がアイスになったもの。レアです。
生ピーナツあん、緑豆あんがのった、豆豆づくしのヘルシースイーツ。
豆好きにはたまりません。
ああ、台湾に来てよかった!


posted by しょうこ at 00:00| Comment(0) | ☆旅行の記録いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月29日

子連れ台湾して来ました!



こんにちは。
田内しょうこです。

今頃ですが、夏休みの振り返り。
子連れで台湾に行って来ました!

夫の仕事の関係で急きょ決めた台湾旅行。
わたしの仕事のピークと重なり、まっっったく予習ができなかったため
この本にすっかりお世話になりました。

21B09350-4207-4088-9E74-861C250617CC.jpg

『子連れ台北』(書肆侃侃房刊)
佐々木千絵・著



8月お盆休みの少し前、羽田空港出発のエバー航空便で出発。
東京西部在住のものとしては、国際線で羽田が使えるのはありがたい!
のんびり、品川から京急で向かいました。

子連れにはエバー航空はイチオシ!
何も知らずに予約したのですが、どこを見てもキティキティキティちゃんの世界。
特に女の子がいるおうちなら、絶対にそれだけで盛り上がること間違いなしです。


機体もキティちゃん。

0529D3BB-0D08-4AAC-B77A-4A67F6864834.jpg


機内食もキティちゃん。
うちは頼みませんでしたが、チャイルドミールだと、
キティちゃんのボックスに入ってくるようです。

69008D98-2FAE-4893-BE3B-0A1E3CC352FA.jpg



まくらもキティちゃん。
子ども用おもちゃもキティちゃん。

おもちゃは、小5と小2の、やや大きめのうちの子どもたちにも配ってくれました。
このほか、トランプなどのノベルティもフリーで頂けます。

601EEDAE-79C9-42EE-B6F6-09338FE567C1.jpg




「台湾は、子連れにはよいよ」
とずーっと前から聞いていたけれど、
それは本当だった!!

着いた松山空港は、台北市内。
ホテルのある街の中心地までは、タクシーであっという間。
150元(約600円弱)で着きます。
台北市内であれば、タクシーで200元あればほとんど移動できるよう。
うちの子たちは、自分たちで喜んで地下鉄にも乗る年頃ですが、
もっと小さな子どもさん連れなら、迷わずタクシーで移動することをオススメします。
(次回、親とかを連れて行くときには、全部タクシーだな、とわたしも思ってます)

ホテルの近所のコンビニに行けば、日本で知っているものがずらり。
「日本と同じお菓子がある!」
と喜んで、娘は写真を撮りまくっていました。

9FB211BF-A883-4621-B658-6E29828C784D.jpg

412E214A-66A6-4032-8A10-D55B4E79EB95.jpg


買ったものも、カルピスにCCレモンにトッポ、ベビースター。
そういう意味でも、台湾はとても日本に近い部分も多く、
(実際に日本語もかなり通じる)
知らないものに警戒心がある子どもにとっても
馴染みやすい外国なのは間違いありません。


同じ時期にオーストラリアに行った友人は、
やはり小2男子がオーストラリアに飽きてしまい
毎日「一風堂」に行きたがって困る、一杯2000円もするのに!
とボヤいていたっけ。
ちなみに、我々の泊まったホテルの近くにも「一風堂」はあったそうですが
それにはうちの息子は気づかなかったようす。

ポケモンのハッピーセットがあるマクドナルドは見つかってしまい、
「どうしても行きたい!」
とせがまれたのですが、
マックに一回行っただけで済んだのは、ラッキーだと思うべきなのかも?


CF30DC2E-B785-4A1D-A51A-C890002C383D.jpg

台湾限定、パイナップル入りBBQバーガー。

その後は素直に、台湾料理を「美味しい美味しい!」と食べ続けてくれたのは
とっても助かりました。
食べものや観光地の記録、ぼちぼちと書いて行きます。


食べ物や観光の記録はこちら。

<1>子どもにおすすめ、台北101

<2>子どもにおすすめ2、猫空ゴンドラ

<3>子どもにおすすめ、淡水

<4>子どもも好きかも? 台湾グルメ

<5>子どもも大好き。台湾スイーツ

posted by しょうこ at 00:00| Comment(0) | ☆旅行の記録いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月27日

昨日は撮影でした。




もうすぐ夏休みも終わりですね。
もう二学期が始まった学校もあるようですが、
わが家は今週いっぱい夏休み。ただいま宿題のラストスパートです。

それにしても今年の夏休みはあっという間でした!
本の撮影をし、原稿を書き、ゲラを抱えて台湾に行き。
(今年の夏は、台湾に行ったのです。
その話、ブログに書きかけ保存でとまっているので
それも近々まとめますね)
気づくと、夏休みも最終週に!


夏休み最終週の最後の大仕事は、自宅撮影。


1F6C852D-E39D-408A-9DF7-5CF8B91CE4A2.jpg


撮影後には、試食で打ち上げです。

1D9D1299-DD71-407B-869F-481AE8EC46E2.jpg


これ、カメラマン大畑陽子さんがわたしのiPhoneで撮ってくれたのですが
こんなに楽しそうに!
同じ道具を使っても、撮影者が違うと
こんなにも美味しそうに見えるんですね〜。びっくり。
カメラマンさんはやっぱりすごいです!

これは「暮らし上手」サイトの「今日の晩ごはん」用撮影なのです。
再来週にはアップされるそうですので、
あらためてお知らせしますね。



同じころ、いよいよ本も発売になります。


76F6C304-445C-4D58-9294-BA2A03B25340.jpg


まだ本物の見本は上がっていないのですが、
これは表紙だけつけて編集さんが加工してくれたもの。
来週には見本も上がってくる予定です。
楽しみ!
こちらもどうぞよろしくお願いいたします。



posted by しょうこ at 00:00| Comment(0) | __|- お仕事情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月25日

多摩川の花火と、懐かしい人と。



こんにちは。
少しごぶさたしています。
田内しょうこです。
アメブロさんを見習って、挨拶なんてしてみました。


週末、夏らしく多摩川の花火へ!
多摩川沿いで、川崎と世田谷と2カ所の会場で同時進行にあげていく名物花火です。
多摩川沿いに住む先輩にお招きいただき、久しぶりに行ってきました。


FCD36DC6-B0E1-46B0-9700-5A5DC7CA3D3A.jpg

見るのに夢中で、写真がしょぼくてすみません。


先輩のうちはやや川崎より。
マンションの屋上から
左を見れば川崎の花火、
右を見れば世田谷の花火、
という贅沢な花火三昧をさせていただきました。

このふたつの花火、
同じ花火とはいいながら、上げる間合いや花火のチョイスで
ここまでも違うものができあがるのか!
というのを見比べることができるのが面白いところ。
スタートも終了もほぼ同時、
ババババババッと上げるのもお休みのタイミングもほぼ同じ。
なのに、まったく違う花火になるのです。
花火にもキュレーションや構成が大切なんだなあ、とあらためて知りました。

川崎の花火は、わりとトラッドなものをとにかく勢いよく。
畳みかけるような上がり方には
きたきたきた〜! という高揚感が味わえます。
かたや世田谷は、新しい色や仕掛けの花火も取り入れつつ
上げ方はややゆるやか。
いまの花火を見たなあ、という満足感が味わえます。
どちらが好きか、というととても難しいですが、
宝塚好きのわたしとしては、川崎でしょうか。
どストレートなエンタメ感に酔えます。


さて、花火のあとはおうち飲み!

706D886A-F414-41F5-9518-915ACDEC334E.jpg


今月シチリアに行ったばかり、という
ホスト夫妻の手料理をいろいろごちそうになりました。
本当に美味しかった〜。


この先輩、わたしの会社勤めの頃の先輩ですが、
20代の頃には、一緒に数々のロックフェスに行き、テニス合宿などもし、
と若い会社員時代をともにした方。
夫を紹介してくれた、実は田内家のキューピッドとも言える人です。
(夫は先輩の取引先かつ高校の後輩なのです)

ここ数年は、ちょくちょくお会いしている夫からウワサを聞く、
くらいで会えていなかったのですが、
数年ぶりに会った彼は、若い奥さんをもらい、
なんと手料理をお客にふるまう人になっていた!
このあとも出てきたローストビーフやら数々のマリネやら
半分以上は彼の手料理なのだそうです。
昔は、座敷のいちばん奥にどかっと座り
ビール缶片手に「グラス!」
と周りをこき使う殿様だったのになあ(笑)。

人はこうして変わっていくのだな、という幸せな様子を見たり、
懐かしい曲をいろいろ聞いたり、
奥さんの後輩の
「11月に結婚します!」というカップルをみんなでいじり倒したり、
本当に楽しく嬉しく懐かしい夜でした。

酔っぱらってしゃべり倒し、
ひとのうちのCDを勝手にかけまくり、
泣いたり笑ったりしているわたしを見て
お年頃の娘はぷんぷん怒ったりもしていましたが、
まあ、たまにはそんなのもいいじゃないですか。





posted by しょうこ at 00:00| Comment(0) | ☆日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月05日

「ジミ弁で行こう」第17回 & 夏休み弁当前半編



今年の夏はひときわ暑い!
夏休み弁当も、なんだか気が抜け気味です。


まずはこちら。
ecomomサイトでの連載「ジミ弁で行こう!」
第17回 酢でコクをプラス 鶏のお酢煮弁当

7FD4230D-E2DB-4717-9839-F42756085979.jpg
http://business.nikkeibp.co.jp/ecomom/column/lb/lb_017.html


このレシピに、クローブと黒こしょうを足して煮る
フィリピン風アドボチキンがわが家のお気に入りです!
一緒に卵を煮たり、じゃがいもを煮たり。
それの残りものを生かした翌日弁当はこちら。

2DFBCC5E-7AC9-4A33-9C1D-E33868E3650A.jpg

ごはんの煮卵のせ
豚肉とねぎの塩こうじ炒め
小松菜の焦がし砂糖炒め
きゅうりの塩もみ
アドボチキンと煮た、じゃがいもお酢煮
ミニトマト



そのほか夏休み前半の、リアルなお弁当はこんな感じ。


7月下旬は撮影の嵐だったので、
撮影の残りものを詰めまくったりしながら
学童の息子のみ弁当の日もちらほら。

夏休み、後半も頑張りましょう〜。


DFA7BA01-07F6-45B3-A627-642C2C15E6BC.jpg

豚肉のシソ巻き、みょうが巻き
なすとピーマンのみそ炒め
青のりとしらすの卵焼き
ミニトマト
メロン




84E08BC7-2A0C-494F-A4B6-2F042005416B.jpg

牛肉とごぼうの佃煮
炒り卵
庭で採れたトマト



03B5DDD9-D3E3-46A8-8F1E-94350B0B975A.jpg

鶏肉の焼き唐揚げ
豚しゃぶとトマトのマリネ
さつまいもマッシュ
きゅうりの塩もみ



D18DFA0D-2CB3-4A33-8FAC-1D8A5330CEC0.jpg

なめたけの炊き込みごはん、炒り卵のせ
豚肉のニラ巻き
鶏ハムとトマトのサラダ
キャベツのナムル
かぼちゃのトマト煮


posted by しょうこ at 00:00| Comment(0) | __|- 連載「ジミ弁で行こう!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月03日

「100倍楽しむタカラヅカ」第3回講義スイーツ



中本千晶さんのタカラヅカ講座
「100倍楽しむタカラヅカ」の3回目。
講義スイーツを作らせていただきました。

「軍服とタキシードばかりじゃない!『日本物』徹底研究」
と題された講義は、8月1日(金)から始まった雪組公演にまつわるもの。

1D9771C0-A192-48E1-AC39-ECB40BE587F4.jpg


その公演『一夢庵風流記 前田慶次』にちなんだ
お菓子をお届けしてきました。
今回は、劇場で販売される公演デザートにも負けない!
ダジャレ感あふれるこちら。

826C5D9C-AFB3-44FD-9938-678EFD8A949E.jpg

「松風が好きそうなニンジンケージ(言いまっつがい)」

前田慶次の愛馬「松風」をイメージしたクッキーと、
キャロットケーキの組み合わせ。

前回の宙組公演『ベルサイユのばらーオスカル編』に登場した
ペガサスもひっそり陰から見守る、という
ヅカオタ満開のマニアックな仕上げです。
(ペガサス=白馬が松風に比べてちょっと太ってしまっていますが、
 公演も終わり気が抜けて太ってしまった、ということで……)

F72D39FB-0EB4-498E-9FAF-0497404238AB.jpg



3月に開催された「100倍楽しむタカラヅカ」1回めの
『眠らない男ナポレオン』(星組公演)にちなんだお菓子はこちらでした。
ブログに上げていなかったので、いまさらですがご紹介。

F9105481-BB30-4847-BF80-13546789842F.jpg

レモンのパウンドケーキ(ナポレオンの出身地、コルシカの名産品レモンを使用)
チョコクッキー(ジョセフィーヌの出身地、マルティニーク島の名産品であるラムをきかせて、同じく名産のパイナップルも使用)
スノーボール(ロシア遠征の雪をイメージしつつ…春も近いのでストロベリーパウダーも混ぜてピンク色に)

の焼き菓子3点セット。


前回の「もっと楽しむタカラヅカ」シリーズの第二回めの
『銀河英雄伝説@TAKARAZUKA』を皮切りに
http://tauchishoko.seesaa.net/article/379318785.html
ちょくちょく参加させて頂いているこの講座。

中本さんの深いタカラヅカ愛と知識には、宝塚のことはかなり知っているつもりでも毎回
「う〜ん」とうならされます。

そんな中本さんのタカラヅカ愛とお勉強力を生かした
『タカラヅカ流世界史』(東京堂出版)もとても勉強になるのですが、
11月頃には『タカラヅカ流日本史』も発売予定だそうですよ!
こちらも楽しみです。


posted by しょうこ at 00:00| Comment(0) | ☆タカラヅカのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする